ブログ
主な特長Topscomm PLC技術
Jan 13 , 2017
  • 120度位相の間の角度毎の二つの相が交互に現れます。 時のA相、B、Cの別々のコミュニケーション-チャネルを一体トランス地区には小さなトランス地域の電力計算、相分割管理を実施できることを行う、ということで、バランスの三段階の50Hz低電圧電力ネットワーク、3.3msの時間スライスの段階でゼロ交差ポイントへのキャリア信号の20ms周期として利用しているそうです。結果の通信効率が高い。
  • 内の電力供給サイクル、AC電源は、AC電圧はゼロ交差点です。 低電圧電力ネットワークの品質の高い安定したインピーダンス及び低雑音の電圧がゼロ交差点での条件421KHzのキャリア周波数です。 のノイズの低電圧電力ネットワークが減少していくこと、周波数が増加します。
  • 分化段階の三つの段階では、ユネスコ-アジア文化センターには、別途通信チャンネルをそれぞれで自動的に決定 スマートエネルギーメーター を提供できる正確な証拠のための負荷調整のトランスです。
  • 同期システムの各通信ノードがクロスロは、ゼロ-ポイントに応じて電源周波数の低い電圧です。 参照ソースコミュニケーションシステムの同期できる保証の時間の同期通信システムといわれています。
  • 分析のノイズスペクトルの低電圧のネットワークを適切に選んだのは、搬送波周波数および通期のノイズの除去効果のキャリアです。 ではで世界をリードする技術の PLC通信モジュール .
  • インピーダンス解析と低電圧のネットワーク最適化されたフィーダーモードでのキャリア信号、ユニバーサルアプリの異なる品質の低電圧です。 の特殊性のインピーダンス変化を低電圧のネットワークについて、その独特の特徴として、新しいタイプのコミュニケーションメディアで異なるからすべてのその他のメディアながらも難易度を実現する信頼性の低電圧キャリアです。


のソリューションによる上記PLC技術特性にも成功して解決の問題、その他の電力線搬送製品に失敗したなどの周波数コンバータポンプのノイズの二次水の供給に高い建物は、充電器を雑音の電気自動車を動作に影響を与え、電力線搬送通信の信頼性 電力線通信 複雑なトランス地域等


青島Topscomm通株式 株式会社 しかしながら、世界をリードする分野のR&Dの電力線通信技術です。

    ご興味のある方は製品にもっと知りたいと思った詳細メッセージをどうぞここで、以降の回答となりますのでご了承ることができます。

ホーム

製品

会社

連絡先

トップ